images

眼精疲労の原因として一般的なのは長時間のパソコンなどが考えられますが、栄養不足やストレスなども考えられます

治療と平行して目に良い食品や栄養素を積極的に摂取し、根本的に眼精疲労を改善し、同じ症状を繰り返さないように予防していくことが重要です。

images

 

 

 

 

 

 

治療法としては血行を良くしたり、ビタミン配合の目薬の使用など

 

imgres

目に良い食べ物として有名なのはブルーベリーですね

その他には

images-1

 

 

 

 

 

 

 

images-1

 

 

 

 

 

 

レバーの肉類。

images-2

imgres-1

うなぎやサンマなどです

普段の食事で好んで食べるもので目にいい食材を選んでみました。

目の角膜や粘膜を正常に保つビタミンAが摂取できるのはレバーやうなぎに野菜ではニンジン、かぼちゃなど

サバやアジなどの青魚ではDHAが摂取できますがこれらは視力回復、老眼・眼精疲労に効果があります

眼精疲労は肩こりや頭痛など、全身にも悪影響を及ぼす場合があります。PCやスマホなどを長時間使用するときは適度に休憩を入れ、目が疲れないように予防しましょう。

そして、目に良いといわれる栄養素が含まれる食品を積極的にとり入れ、眼精疲労にならないような体作りをしていきましょう

整体千鳥

広島市安佐南区西原2−15−22
082−962−8585